不動産暴落?2022年問題って知ってます?


こんにちは

夕凪葵です。

早速ですが、皆さん

今、不動産業界を賑わせている

2022年問題ってご存知ですか?

この2022年問題ですが、

ここ数十年の間に

高度経済成長やバブル景気などを迎え

次々と家が建ち発展していきました。

 

特に都心部を中心に、次々と建物が建てられていった中で、

1部、いきすぎた建築増加を和らげる為や

環境保全のため緑地を確保する為「生産緑地法」というものが施行されたんですね。

 

この生産緑地を受けると

所有者は固定資産税の減免や相続税の納税猶予が受けられるというメリットがあり

また、いきすぎた土地高騰を和らげる鎮静剤の役目にも一役買いました。

 

ただ、これには最初から施工から30年という期限付きであり

生産緑地法が施行されたのが1992年(ちょうどバブル後期位です)。

つまり、2022年に生産緑地の期限が訪れるのです。

原則として、30年を過ぎたら、その免税が切れてしまう為

手放す所有者が増えるのではないかと言われています。

不動産売却査定サイトなら【リビングマッチ】

実際、どの程度影響があるかは現時点では

わかりません。

長期的な目線で見れば、おそらく一時的に下がっても少しずつ土地の価値は回復していくとは思います。

ただ、その回復が都心は早いでしょうが地方となると、
ここ最近の地方離れや空き家問題のニュースを見る限りですが、

少なくとも数年単位で戻るとは考えにくく

土地の価格が回復するのに、おそらく数十年単位でかかるかもしれません。

いざ売ると時に二束三文となる前に

まずここで1度査定を受けられて見てはいかがでしょうか。
不動産売却査定サイトなら【リビングマッチ】

売る売らないは別にして、

1度金額だけでも確認しておくと万が一の相続や節税対策にも
手前で大体の金額が分かっておくと良いかもしれません。
少なくとも、デメリットはあまりないのではないでしょうか?

それではまた次回!

 

 

 

 

不動産売却査定サイトなら【リビングマッチ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

累計不動産「契約数500件以上」に携わらせていただいていた不動産従事者。その他、最近は仮想通貨・botプログラム作成・ブロガーも始めました。 当ブログの「完全初心者の為のFPと不動産の始め方」を運営中。 宅建士・管理業務主任者・ファイナンシャルプランナー2級技能士所持。 新たなマーケティング技能を身につける為に日夜、様々な事にチャレンジ。